簡単にまとめると、y=ax+b ということです。
これの計算がキッチリできて、y=ax+b の傾き(変化の割合)a と切片b
この2つがxy平面上でイメージ出来たらもう大丈夫です。

xがどれだけ増えたら、yがこれだけ変化する。
反対に、yがどれだけ増えたら、xがどれだけ変化する。

かけ算とたし算が一つずつ合わさっただけの計算なので、
たいして理屈は存在せず、センスの問題です。

まったくイメージができない人はかなりまずい状態です。
二次元の前段階、
すなわち一次元をあつかう数直線の段階から、やり直すしかないです。数直線を考えるのってすごくつまらない単純作業ですが、地味にやり直すしかないです。