植物のなかまとその分類check

種子植物
花が咲き、種子でなかまをふやす植物で、被子植物と裸子植物とに分類される。被子植物は、さらに双子葉類と単子葉類に分類される。種子植物は(  ①  )が発達しており、陸上の生活に適したからだのつくりになっている。

被子植物
胚珠が子房に包まれている植物で、子葉の数によって双子葉類と単子葉類に分類される。

裸子植物
マツ、スギ、ソテツなどのように、胚珠が子房に包まれておらず、むき出しになっている植物。雄花と雌花に分かれており、多くは(  ②  )である。受粉しても(  ③  )ができず、種子のみができる。

単子葉類
イネ、トウモロコシ、ユリ、アヤメなどのように、種子が発芽するとき、子葉が1枚の植物で、茎は細長く伸びるが、あまり太くならない。葉の葉脈は(  ④  )で、根はひげ根が多数出ている。

双子葉類
サクラ、バラ、アブラナ、ツツジなどのように、種子が発芽するとき、子葉が2枚の植物で、茎は太くがっしりとしていて、木になるものもある。葉脈は(  ⑤  )で、根は主根と側根からなっている。双子葉類は、花弁のつき方によって、さらに合弁花類と離弁花類に分けられる。

合弁花類
双子葉類の中で、アサガオ、タンポポ、ツツジ、リンドウなどのように花弁がくっついているもの(合弁花)のなかま。

離弁花類
双子葉類の中で、アブラナ、サクラ、エンドウ、バラなどのように花弁が1枚ずつ離れているもの(離弁花)のなかま。子葉
種子植物の種子が、発芽するときに最初に出る葉のことをいう。その植物の通常の葉(本葉)とは大きく形態が異なることが多く、栄養分を蓄えているものもある。被子植物の双子葉類では(  ⑥  )、単子葉類では(  ⑦  )、裸子植物では(  ⑧  )ある。

種子をつくらない植物
シダ植物やコケ植物のように胞子をつくってなかまをふやしていく植物で、種子植物と同様に光合成を行う。これらの植物は、日かげの湿った場所などで生育するものが多い。

シダ植物
ワラビ、ゼンマイ、スギナなどのなかまの植物で、根・茎・葉の区別があり、(  ⑨  )がある。根はひげ根で、茎は地下茎になっており、葉は小葉がたくさん集まった複葉になっている。種子植物と同じように、根から水や養分を吸収し、光合成を行い、自分で栄養分をつくることができる。葉の裏にある(  ⑩  )でつくられた(  ⑪  )でふえ、(  ⑪  )が発芽した前葉体で受精が行われる。

(  ⑪  )
シダ植物、コケ植物、一部の藻類、キノコ、カビなどの菌類が、なかまをふやすためにつくる。シダ植物やコケ植物では、種子植物のようにおしべ、めしべにあたるものはなく、(  ⑪  )は(  ⑩  )でつくられる。精子と卵細胞が受精すると受精卵は細胞分裂をくり返して、それぞれ新しいシダやコケになる。

(  ⑩  )
シダ植物、コケ植物で、(  ⑪  )がつくられる場所のこと。シダ植物では葉の裏側に、コケ植物では雌株の先端にある。

前葉体
シダ植物の胞子が発芽して生じたハート形をしたもの。卵細胞をつくる造卵器と精子をつくる造精器ができ、水が十分にあるとき、精子は卵細胞と受精する。その後、前葉体には根・茎・葉をもった幼シダが育ち始める。

コケ植物
シダ植物と同様に胞子でふえるが、シダ植物のように(  ⑫  )の区別がはっきりしない。茎や根のように見える部分もあるが、(  ⑨  )はなく、水や養分はからだの表面からとり入れている。根のように見える部分は(  ⑬  )というまた、葉緑体があり、光合成を行う。雌株と雄株の区別があり、雌株の(  ⑩  )で(  ⑪  )をつくる。(  ⑪  )が放出されて、湿った所に落ちると、発芽して新しいコケができる。スギゴケ、ゼニゴケ、ミズゴケなどがある。

仮根
コケ植物などにあり、根のようなつくりに見える部分。(  ⑨  )はなく、種子植物やシダ植物の根とは区別する。主なはたらきは、からだを地面や樹皮などに固定することで、水分を吸収する力はほとんどない。

藻類
水中で生活しており、光合成を行って自分で栄養分をつくり出しているが、(  ⑭  )ではない。(  ⑫  )の区別がなく、必要な水や養分はからだ全体で吸収している。コンブやワカメは(  ⑪  )によってふえ、アオミドロやミカヅキモは個体の細胞どうしがくっついてふえ((  ⑮  ))、クロレラなどの単細胞の藻類は、(  ⑯  )によってふえる。

藻類の分類
藻類の葉緑体には、緑色(葉緑素)以外の色の色素をもつ種類もあり、それによって分類される。
①(  ⑰  )藻類:(  ⑰  )色の色素だけをもつ。ミカヅキモ、アオミドロ、アオサ、アオノリなど。
②(  ⑱  )藻類:(  ⑱  )色の色素をもつ。コンブ、ワカメ、ヒジキなど。
③(  ⑲  )藻類:(  ⑲  )色の色素をもつ。テングサ、アサクサノリなど。

無機養分
物質中に(  ⑳  )を含まない養分を無機養分という。無機養分には、植物の生育に必要な窒素・リン・カリウム・カルシウム・マグネシウム・硫黄・鉄などの成分が含まれている。これらのうち、不足するものによって、次のような影響が現れる。
①(  ㉑  ):茎や葉の成長が悪くなる。光合成ができなくなる。
②(  ㉒  ):花や果実・種子をつけなくなる。
③(  ㉓  ):根の成長が悪く、植物体は弱くなり、葉には黄白色の斑点ができる。
(  ㉑  )・(  ㉒  )・(  ㉓  )は、肥料の3要素ともいう。