保護中: 小学生の生物1-10

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

hayashimasafumi
  • hayashimasafumi

1.地面にはりつくことで、冬の寒い風を受けずにすみ、冬ごしがしやすくなるため。

2.軽くて大量の種子を作れるなど、セイヨウタンポポのほうが、カントウタンポポよりも繁殖能力が高いから。

3.タンポポの花は光があたると開き、暗くなると閉じる性質があるから。

4.アサガオは昼の長さが短くなると花をさかせる性質があるので。→この他に、キクやコスモスなんかも同じ性質をもちます。逆にアブラナやキャベツなどは昼の長さが長くなったときに花がさきます。

5.体を支え、植物体が倒れてしまうのを防ぐため。

6.子葉の中のデンプンは発芽や成長につかってしまったため。→子葉(ふた葉)は本葉が生えるまでの成長をサポートするところです。

7.発芽をうながす生体酵素は適温でないと働かないので。→酵素というのはヒトでいう唾液などと同じ性質のもので、タンパク質でできています。

8.生育が簡単で成長が速いので。

9.①表面積を増やし、水や養分の吸収を効率よくするため。②土の細かい粒の中に根毛が入ることで、体を支えることができるため。

10.根の先端には根冠があり、その少し上のほうに成長点があるので。