保護中: 小学生の歴史251-260

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

hayashimasafumi
  • hayashimasafumi

251.大塩平八郎は、幕府の元役人であり、反乱を起こしたのは、幕府の直轄地である大阪であったので。

252 日本人の漂流民などをのせ、貿易を求めて浦賀にやってきたモリソン号を、幕府は異国船打払令に基づき砲撃した。そのことに対して幕府の鎖国政策を書物で批判したので。

253.中国がアヘン戦争に負けたことなどを受け、当時の日本では欧米に対して強硬策をとるのが得策ではないと思われたから。

254.アヘン戦争で、世界一強国と思われていた清がイギリスに敗れたのを知ったので。

255.日米修好通商条約は、関税自主権や領事裁判権がないなど、不平等な条約だったので。

256.通商条約による貿易で生糸や茶などが大量に輸出され、生産が間に合わなくなり国内の物価があがってしまった。このため、下級武士や都市の人々の暮らしが苦しくなり、それを開国したからだと考えたため。

257.両藩は外国との戦いを通して、攘夷が不可能であると知り、軍備の強化をはかろうとしたため。

258.江戸を戦火から守り、平和のうちに江戸城を新政府軍に開け渡すため。

259.①参加者がみな対等の立場であることを示すため。②一揆の指導者が誰なのかをわからなくするため。

260.一部の商人が、「都市でコメの買い占めや売りおしみ、コメの値あがりの原因となっていたため。