保護中: 小学生の地理1-10check

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

1.日本国内の人口減少に伴う深刻な人手不足を補うため。

2.日本は伝統的に鯨肉を食べてきた歴史があるので。→日本の捕鯨は名目上調査捕鯨であり、WC(国際捕鯨委員会)から脱退しましたが、資源管理をしながら捕鯨を続けているというアピールを国際社会に対して行っています。

3.消費者側・生産者の顔がわかり、安心感があるから。・農協を通したものより安く買えるから。/生産者側・普段よりも高く売ることができ、利益が多いから。・消費者の反応が見え、生産の改善などに役立つから。(生産意欲が増す、などでも可)

4.水田は水を毎年入れ替え、そのたびに養分が補充されるから。

5.宮崎平野や高知平野では、促成栽培などで出荷時期をずらしたほうが作物が高く売れ、利益が多くあがるから。

6.①ビニールハウスの促成栽培などで、ハウス内を暖める暖房費がかさむようになるので。②消費地まで野菜などの作物を運ぶ際の輸送費も多くかかるようになるので。

7.高齢化が進む中で、老人ホームの重要性が高まっており、その数も増えているので。

8.農業に従事する人が高齢化し、後継者不足のため、会社などを作って効率を上げ、作業労働時間を減らしたり、コストを下げたりして、農業生産を改善する必要があるから。

9. 大消費地である、大都市が近いため。

10.その作物が多く出回る時期をずらすことによって、作物を高く売ることができるから。